ほうれい線治療、糸リフト治療の専門美容クリニック | 銀座セオリークリニック

Theoryクリニック

0120-446-008

オンライン予約

「ほうれい線」をいますぐ消してマイナス10歳顔になる 「ほうれい線」をいますぐ消してマイナス10歳顔になる
おすすめプランおすすめプラン

医師が最後まで寄りそった治療を

ほうれい線は、最近では20代前半でも悩む方が増えています。原因には皮膚はもちろん、脂肪繊維や脂肪層、むくみ、生活習慣なども関係しています。セオリークリニックでは患者様一人ひとりの症状に向き合い、原因をしっかりと分析します。限られた治療法にとらわれず、「治療での感動を分かち合えるクリニック」であることを大切にしながら、治療に対する理論と技術を高め、お客様のことを考えた治療を心がけています。

人気・おすすめの治療メニュー

新世代スレッドリフト(糸リフト)

新世代スレッドリフト(糸リフト)

独自のコグ(突起)のある溶けるスレッド(糸)を使ってリフトアップする治療法です。当院では、「リフト型」の糸で引き上げ。「ロック型」の糸でキープ力をアップさせる工夫をしており、よりしっかりとしたリフトアップを実現しました。傷痕や針孔も残らず、ダウンタイムはほとんどありません。

新世代スレッドリフト(糸リフト)の症例写真
治療部位 両頬
治療内容 新世代スレッドリフト(12本)
患者様 40代 女性
費用(税込) 264,000円
ダウンタイム・リスク

ウルトラセルQプラス(HIFU)

高密度焦点式超音波(HIFU)

高密度焦点式超音波(HIFU)テクノロジーを使用した治療で、通常のレーザーでは届かない深い層にある、SMAS筋膜に熱エネルギーを集中させることが可能です。肌を奥深くから引き締めますので、外科的手術に頼らないリフトアップをご希望の方に人気です。

高密度焦点式超音波(HIFU)の症例写真
治療部位 フェイスラインから顎下にかけて
治療内容 ウルトラセルQプラス(リニア)
患者様 30代 女性
費用(税込) 33,000円×4回=132,000円
ダウンタイム・リスク

ボルニューマ(RF)

ボルニューマ(RF)

高周波(RF)テクノロジーを使用した治療で、表皮にはできるだけダメージを与えず、真皮・脂肪層に熱を加えていくことが可能です。モノポーラ型RF治療器の中でも痛みが少ないため、痛みが苦手な方でも安心してお受けいただけます。顔全体、顎、首元、目元だけなど、様々な部位に対応しています。

ボルニューマ(RF) の症例写真
治療部位 全顔
治療内容 ボルニューマ
患者様 30代 女性
費用(税込) 500ショット 198,000円
ダウンタイム・リスク

ヒアルロン酸注入

ほうれい線の脂肪をヒアルロン酸で上に持ち上げる治療法です。当院ではヒアルロン酸の素材を常に厳選し、硬さや粒子の大きさを各種取り揃え、持続性や安全性、仕上がり具合を確認するなど、万全の体制で治療を行っております。注入した日から1ヵ月以内であれば、微調整は無料です。

ヒアルロン酸注入の症例写真
治療部位 ほうれい線
治療内容 ヒアルロン酸注入
(ダイアモンドフィール+スタイレージM+スタイレージハイドロMAX)
患者様 40代 女性
費用(税込) 66,000円
ダウンタイム・リスク

あなたの進行度チェック&治療方法

ドクター林

3大老け線の中でも、「軽度・中度・重度」の3つのタイプがあります。実はどれも顔の脂肪が下垂してたるむことが原因です。セオリークリニックではたるみの種類に合わせて最適な治療法を組み合わせた、独自のセレクト治療をご用意しております。まずは自分がどの治療に適しているのか?把握してみましょう。

老け顔の原因は、3大老け線です

同じイラストも、線を足すだけで老けて見えませんか? 同じイラストも、線を足すだけで老けて見えませんか?

年齢を重ねる毎に気になる、ほうれい線やシワ。疲れた印象や、老け顔に見える事で、お悩みの方は多いのではないでしょうか。 セオリークリニックでは、その悩みの原因となる線を【3大老け線】と呼んでいます。

ほうれい線、顔のたるみでお悩みの方へ…

ドクター李

ほうれい線は、笑いジワではなく、加齢による、たるみから生じる皮膚の溝です。
漫画やイラストの世界では、老け顔を描きたい時は必ず、口の両側に「ほうれい線」を描き込むことが当たり前となっていますが、この溝が深く長いほど顔立ちを実年齢より上に感じさせてしまう原因となります。

ほうれい線ができるメカニズム

ほうれい線はこんな理由で出来てしまいます。 ほうれい線はこんな理由で出来てしまいます。

皮膚の下にある脂肪層には、脂肪を支えるためのネットが、脂肪を包み込むように存在します。 しかし年齢を重ねるにつれ、脂肪の重さでネットが古いゴムのように伸びてしまい、脂肪を充分に支えることができなくなります。やがて支えをなくした脂肪は、重力の方向に垂れ下がり、顔にシワやたるみを発生させます。

3大老け線について詳しく解説!

老け線1:ほうれい線

頬がたるんでくるとほうれい線ができやすくなります。頬を支える筋肉と口元の筋肉が加齢から次第に衰えて硬くなり、頬の脂肪が下がったままになってしまうために生まれるのが、ほうれい線です。さらに皮膚の弾力低下や、皮下脂肪の増加・蓄積でますます頬が下がり、ほうれい線を深くします。

老け線2:ゴルゴライン

ゴルゴラインとは、人気コミック「ゴルゴ13」の主人公のように、鼻筋の横の目頭から頬の中心に向かって斜め45度に走るくぼんだラインのことを指しています。 目の下のクマと同じで、加齢により頬の脂肪が下がってたるむことで起こる目の下の凹みや、表情筋のゆるみから筋肉の割れ目が表面に浮き出ることで出現します。

老け線3:マリオネットライン

腹話術で使用するマリオネット人形のように唇の両脇からあごに伸びる2本の線です。出現する大きな原因として、頬の皮膚や筋肉のたるみによる脂肪の下垂や、口元から下顎、首にかけて広がる「広頸筋」(こうけいきん)のたるみ。そして表情のクセから「口角下制筋」(こうかくかせいきん)が硬くなり、縮むこと等があげられます。

治療法は、老け線の特徴毎に変わります

治療の様子

お一人おひとりの体質や体型がそれぞれ違うように、ほうれい線や顔のたるみの原因も人によって違うため、全ての方が同じ治療では思い通りの改善へ導くことはできません。症状に合わせた治療のセレクトや組み合わせ治療が必要となります。
セオリークリニックでは、まず丁寧なカウンセリングを心がけております。急激なダイエットなどをされていないか?など、最近のお身体の状態を問診後、必ず触診でお顔の脂肪の状態を確かめます。症状をドクター自らの目・手・耳で確かめ、原因をしっかりと見極めた上で、最も治療効果が望める治療をご提案致します。

たるみの種類を見極めることの大切さについて

たるみには種類があり、年齢・顔の脂肪・筋肉の違いによって4つに分類されます。ほうれい線を消すためにはまず、たるみの種類を見つけることが最大のキーポイントになります。通常他のクリニックではカウンセリングの際に問診と視診だけで治療法を選んでいますが、当院では、たるみの種類をきちんと見極めるために、必ず【触診】を行い、最も効果が発揮できる施術を手で触れることから選び出します。

たるみの種類とは?

お電話・メールにてご予約・無料相談を受け付けております。ほうれい線・たるみでお悩みの方は気軽にご相談ください。 

  • 24時間受付中オンライン予約
  • お問い合わせ