スプリングアイリフト|施術内容|たるみ・ほうれい線治療特集サイト | 銀座セオリークリニック

Theoryクリニック

0120-446-008

オンライン予約

スプリングアイリフト 内出血・腫れ知らずの、ナチュラルリフトアップ

スプリングアイリフトでは特殊な形状をした針を使用しており、挿入時の血管損傷のリスクがほとんどありません。そのため内出血もなく、腫れにくい治療が可能になっています。皮膚と口周辺の筋肉のたわみを引き締めることで、口元のたるみを改善していく治療法です。

このようなお悩みの方におすすめ!

・皮膚のたるみが気になる
・皮下脂肪のたわみが気になる
・口横のプックリ膨らんだフェイスラインが気になる
・口まわりの筋肉のゆるみが気になる

治療の仕組み

特殊な形状の針で、内出血を予防

従来型の極細スレッドは、先端が尖っている通常の針の中に糸が入れてあるタイプのものでした。挿入は容易ですが針が皮膚から皮下組織を針が貫く際に、微細血管を損傷して出血を起こし、腫れや内出血の原因となっていました。スプリングアイリフトの極細スレッドは、鈍針タイプのコグ(トゲなし)タイプのものです。挿入時の血管損傷のリスクがほとんどないため、出血を抑えられ、内出血もなく、腫れにくい治療です。

当院の治療のポイント

糸の挿入方法にこだわっています

ドクター稲村

セオリークリニックのスレッドリフトは、挿入方法にポイントがあります。網目状に挿入することで、挿入された層を面状に引き締め、ひきつれなどの違和感が出ずに自然な仕上がりとなります。 また、吸収されるスレッドはコラーゲン生成を促進しますので、肌にハリが出て、たるみ予防にも効果を発揮し、毛穴も目立たなくなります。

オーダーメイドで治療を行っています

加齢による変化は人それぞれ。お肌の状態や気になるポイントも変化していきます。当院では、照射前のカウンセリングで、お客様に合わせたオーダーメイドの治療法を組み立て、治療を行っています。

施術詳細

施術時間 約15分
施術中の痛み 局所麻酔のチクッっとする程度の痛みです
施術後の痛み 局所麻酔が切れてからも、痛みはあまりありません
ダウンタイム・リスク 針を刺した箇所が赤くなる場合がありますが、コンシーラー等でカバーが可能です
メイク 施術当日より可能
洗顔・シャワー 施術当日より可能
入浴 施術当日より可能
施術回数の目安 1年に1回のペースがおすすめです
(肌の状態によって個人差があります)

施術の流れ

Step1
カウンセリング
医師が気になる部位を伺い、診察します。施術方法について詳しく説明いたします
Step2
クレンジング
洗顔でメイクや汚れを落としていただきます。施術前は低刺激の洗顔料、クレンジングが重要なため、当クリニックでご用意しております
Step3
デザイン
カウンセリングでお聞きしたご希望をもとにして、どの部位にどんな糸を入れるか、糸の本数や仕上がりイメージまでしっかりと確認いたします。必ずご納得いただいた上で施術を進めますので、不安なことや、ご希望の変更などあれば何でもお伝えください
Step4
麻酔
局所麻酔を行います。顔の知覚神経に直接麻酔を注射することで、顔全体の痛みを和らげます
Step5
施術
デザインに合わせて極細の針で皮下に糸を挿入します。肌の形状、たるみの程度、皮膚と脂肪の厚みなどを熟練の医師が考慮しながら治療を行いますのでご安心ください
Step6
冷却
肌・皮下組織をクールダウンして、術後の腫れを最小限にします

お電話・メールにてご予約・無料相談を受け付けております。ほうれい線・たるみでお悩みの方は気軽にご相談ください。 

  • 24時間受付中オンライン予約
  • お問い合わせ